ライブ配信について

このサイトでは、インターネット上で行うライブ配信に関する情報を紹介しています。現代では芸能人でなくても色々なことを発信することができ、環境さえ整えられればすぐにでも始められます。そこで多く利用されているYouTubeライブに関することを基本として、実際に始めるために必要な機材の選び方などにも触れていきます。やりたいと考えているけれども、何から手を付けたら良いか分からない人は、参考にしてみると良いでしょう。

ライブ配信とはどんなもの?

ライブ配信とはどんなもの? YouTubeのライブ配信とは、アカウントさえ用意すれば誰でも無料で始めることができるサービスです。基本的にはカメラを接続したパソコンから行い、自分をアピールしたりキャプチャしたゲーム画面を映すなど、色々な形のライブ配信が可能です。また一定の条件を満たせば、スマートフォンなどの端末からでも配信できます。
そんなYouTubeのライブ配信では、条件次第で広告を付けられ、収益化が見込めます。さらにスパチャという特徴的な投げ銭機能です。視聴者があらかじめ登録しておいた支払い方法によって、直接配信している人に支払うことができる機能です。その内一定の割合を手数料として納めなければなりませんが、活用している人は多いです。

Instagramで話題のライブ配信とは

Instagramで話題のライブ配信とは 写真や動画の共有でおなじみのSNSといえばInstagramですが、最近ではライブ配信を行う人も増えているようです。ではInstagramでのライブ配信とはどういったものなのでしょうか。
まず、この機能はアプリからではないと利用できません。しかし、アプリさえあれば特別な機材も必要なく、誰でも気軽にリアルタイムの動画を視聴・配信できるので、人気が高い理由がわかります。始め方はアプリ内にあるライブ動画というアイコンをクリックするだけなので簡単なものです。視聴しながら配信者へコメントを贈る機能も備えているため、コミュニケーションを楽しみながら配信が出きるのも醍醐味の一つです。どのユーザーが参加しているか分かるというのも安心できるでしょう。さらに、ライブ配信に対してもいいねを送れる機能もあるので、気軽にライブを盛り上げていけるのではないでしょうか。コラボ配信も出来るので、一緒に参加したいと思ったらリクエストを送るのもおすすめです。LINEのビデオ通話のようなノリで、配信を楽しむことが出来ます。気に入った配信であれば友だちへのシェアもできるので、面白い配信はより注目してもらいやすいのも嬉しいポイントです。

ライブ配信のメリットは興味のある分野を生かせる点

ライブ配信をする最大のメリットは自分の興味のあることを発信できる点にあります。普段積極的に話すタイプでない人でも、自分の好きなことや詳しい分野についてなら熱く語れるという人は多いと思います。視聴者の目的は様々ですが、アニメやゲーム、アウトドアなど、自分と似た趣味を持つ配信者に興味を持ち、視聴のきっかけになることがあります。視聴者とコメントなどを通じて会話が広がるため、自分の興味のある分野を生かせる点がライブ配信のメリットです。さらに、視聴者の反応がすぐに分かるという点もライブ配信の良さです。自分の言動で相手に喜んでもらえたり、感謝されたりすることは配信のやりがいとなるかもしれません。また、配信で何を話そうかと考えながら生活していると日常の些細な出来事にも新しい発見があります。誰かに話したい日々の出来事や、教えてあげたい知識などがある人は配信をすることによってより充実した日々を送れると思います。

ライブ配信が簡単にできるスマートフォンのアプリ

ライブ配信は、アプリを使用してすることもできます。さまざまなメーカーが配信をするためのアプリを開発していて、それぞれの製品には特徴があります。こうした製品を使用すれば、スマートフォンで撮影した映像を簡単にライブ配信することが可能です。スマートフォンにインストールすれば、誰でも簡単に配信ができる製品が多く、操作方法もわかりやすく工夫されています。自宅の近所をスマートフォンを持ちながら撮影した映像を、ライブで配信することもできます。こうした製品の中には独自のイベントを開催しているものもあり、利用者はイベントに参加して楽しむこともできます。他のユーザーとゲームを楽しめる機能が利用できるものもあり、配信を通して他のユーザーとコミュニケーションをとれるようになっています。ライブ配信で使用している言葉を自動的に他の国の言語に翻訳してくれるような機能を持つものもあり、世界に向けて映像を発信することもできます。

ライブ配信の初心者が注意すべきポイントは?

ライブ配信の初心者はいろいろな点に注意しなければなりません。最も重要なのは番組が途切れないように配慮することです。熱心な視聴者はトラブルが起こっても待ってくれますが、たいていの人は途中で離れてしまいます。ですから、通信の安定性を維持できるように工夫しておきましょう。たとえば、プロバイダーと契約している場合でも、モバイルルーターを用意するという手もあります。そうすればライブ配信の初心者でも、途切れたときに回線をすぐ切り替えられます。また、シナリオを準備することも忘れてはいけません。アドリブで進められるのは玄人であり、慣れるまではシナリオ通りに進めるだけで精一杯です。したがって、事前に一度練習をしておき、言いにくい箇所があったら変更しましょう。経験を積んでいるうちに、シナリオにアドリブを挟めるようになっていきます。安心して中継を続けたいなら、部屋の明るさや防音といった環境面にも注意しなければなりません。

ライブ配信で配信できるさまざまな映像のジャンル

ライブ配信ができるネットサービスを利用すれば、さまざまなジャンルの映像を、ネット上で配信できます。ネット上でよくライブ配信されることが多いのは、音楽関係のイベントです。現在開催中のコンサートをリアルタイムで配信することも可能で、コンサート会場から遠く離れた場所に住んでいる人でも、自宅でコンサートを楽しめます。こうしたライブで配信をされているコンサートの中には無料で視聴できるものもあれば、有料で視聴できるものもあります。ライブ配信を利用すれば会議などのイベントもリアルタイムで配信することが可能です。ネットにアクセスするだけで、会議に出席している人以外でも会議の内容を知ることができるのがメリットになっています。ライブ配信は、バラエティのジャンルに属するイベントを開催する時にも使用されています。イベントで開催されているトークショーがライブで配信されることもあり、編集をしていないトークを聞くことができます。

お金を稼ぐこともできるライブ配信のサービス

ライブ配信のサービスを利用すれば、お金を稼ぐことも可能です。こうしたサービスを提供しているサイトの中には、無料で配信ができるサービスの他に、有料で映像を配信できるサービスを提供しているサイトもあります。こうしたサイトを利用して自分たちの映像をライブ配信すれば、有料で見てくれた人の分だけお金を稼ぐことができます。できるだけ多くのお金を手に入れるためには、より多くの人に有料で配信映像を見てもらう必要があります。このようなサービスを提供しているサイトでは、映像を有料で配信する人が自分で販売価格を決められる場合もあります。どのような価格で販売するかによって、手に入れることができる金額も違ってきます。あまり料金を高額にしすぎると、売れ行きが悪くなってしまうことも多いために、確実にお金を儲けたい場合にはあまり価格を高くしない方がおすすめです。安い販売価格でも多くの人に見てもらえば、入手できるお金の額も多くなります。

ライブ配信で起こりうるデメリットには何がある?

今の時代は様々な方法で稼ぐことができるようになっていて、その代表的な存在と言えるのがライブ配信になると思います。自宅で気軽に配信できるので誰でも簡単に始めることができますし、有名になれば投げ銭を貰うこともできるので大金を稼ぐことも可能など夢のある職業になります。
実際に子どもの多くが将来配信者になりたいと希望していることも分かっているので、今後益々需要が高まっていくことは確実でしょう。 しかし、ライブ配信は自分の私生活や個人的な情報、人によっては住んでいる地域まで晒しながら活動している場合があるため、熱狂的なファンによってストーカー被害に遭ってしまうなど大きなデメリットも生まれやすいのが難点です。
まだ大きな事件性のある出来事は起こっていませんが、これからはどんなトラブルに巻き込まれるか誰にも予想できないため、ライブ配信で生計を立てていこうと考えているならこのようなデメリットについても注意しておく必要があるでしょう。

ライブ配信のときにトラブルを防止してみよう

ライブ配信でトラブルを防止するためには、言動に注意を払うようにしましょう。
例えば、だれかを誹謗中傷するようなことを発言してしまうと、多くの方にショックを与えることになってしまいます。その発言を聞いていた人がアンチになってしまうなど問題が発生してしまうでしょう。ライブ配信の際には、多くの方が見ている自覚をもって配信することが大切です。また特定のリスナーと仲良くなりすぎてしまうと、他のリスナーが嫉妬する原因となります。リスナーが多くいる方は、一部のリスナーに肩入れしすぎないように気を付けてみるとよいです。一部のリスナーと仲良くするのではなく、みんなでライブ配信を盛り上げていくように気を付けてみるとよいです。細かい点まで気を付ければ、トラブルが発生することはなくなってきます。まずは人の悪口を言わないように十分に気を付けてみてください。悪口を言わないようにすれば、たくさんの方たちに喜んでもらえるライブ配信を行うことができます。

ライブ配信のマーケティング効果が高まる業種

マーケティングにおいて、ライブ配信の重要性は日に日に増しています。
現在では新商品や新サービスの発表時にライブ配信を行い、ダイレクトにアプローチする手法が一般的になりました。しかしライブ配信の効果は、業種にかかわらず一定ではありません。大きな効果が見込める場合もあれば、想定より低い場合もあるでしょう。集客などの効果が低ければ無駄になってしまうので、本当に効果があるの考えなければいけません。ライブ配信が有効な業種として考えられるのは、ターゲットの年齢層が若い場合です。若年層ほどスマホで動画を視聴する習慣が根付いているため、興味のある新商品や新サービスの発表をライブで行うと、視聴者数を増やすことができます。逆にネット動画よりテレビを好む世代をターゲットにした新商品や新サービスなら、視聴者数は伸び悩むでしょう。近年のマーケティングではトレンドのため積極的に始めたくなりますが、効果を考えながら選択してください。

ライブ配信ビジネスを始めるときには法律に注意

インターネットのライブ配信は、大流行しています。現在ではキャラクターが配信するVtuberも増え、日本を代表するコンテンツといっても良いほどです。
ライブ配信ビジネスは、誰でも手軽に始められるのが魅力でしょう。パソコンやカメラ、マイクといった機材に配信アプリなどを用意すれば、個人でも簡単に始めることができます。地道な努力で人気を獲得し安定した視聴者を確保できるようになれば、配信は収益化できてより多くの利益を得られるようになります。しかしビジネスとしてライブ配信を行う場合には、気を付けなければいけない法律もあるので注意が必要です。たとえば配信中に個人が特定できる写真が写り込むと、肖像権に違反する恐れがあります。プライバシー権やパブリシティ権、著作権などさまざまな権利関係に違反する可能性がゼロではないので、ライブ配信ビジネスを始めるときにはどのような法律に違反する可能性があるのか調べ、対策を施しておきましょう。

ライブ配信の将来性を考えて仕事をしたい方に

ライブ配信は、将来的に結構な市場規模を見込まれていて、参入してくる企業や個人も少なくありません。ライブ配信のメリットもデメリットもあるかもしれませんが、上手に活用している方も少なくありません。
最近では、スマホアプリでライバーとして人気のある方も多いようですが、ユーチューブ以外にも拡大してはいます。 市場規模も拡大しつつありますが、動画配信サービスを個人で活用することによって、ウェブ名刺になっていることも少なくありません。 そのため、ビジネスチャンスをより拡大しやすいようになっているように思えます。店頭で見かけても、あ、この間ライバーがやっていた商品だとわかりやすいものも少なくありません。
このように、広告宣伝効果の高さの問題もあるかもしれませんが、ライブ配信を活用することでより、安価に配信をすることもできるサービスもあり、有料で制作すると言っても割とやりやすくなってきています。 コロナウイルス対策もあって、将来的にもう少し見込まれることでしょう。

北海道のおすすめ動画制作会社をご紹介

北海道 動画制作

新着情報

◎2023/2/16

情報を追加しました。


>ライブ配信で起こりうるデメリットには何がある?
>ライブ配信のときにトラブルを防止してみよう
>ライブ配信のマーケティング効果が高まる業種
>ライブ配信ビジネスを始めるときには法律に注意
>ライブ配信の将来性を考えて仕事をしたい方に

◎2022/4/26

情報を更新しました。
>ライブ配信のメリットは興味のある分野を生かせる点
>ライブ配信が簡単にできるスマートフォンのアプリ
>ライブ配信の初心者が注意すべきポイントは?
>ライブ配信で配信できるさまざまな映像のジャンル
>お金を稼ぐこともできるライブ配信のサービス

◎2021/7/20

マイクの選び方
の情報を更新しました。

◎2021/5/27

スイッチャーの選び方
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「ライブ配信 YouTube」
に関連するツイート
Twitter

【4/1(土)20:00〜】 YouTubeライブ配信 演奏パート撮り直し より

初見さん大歓迎!みんなで楽しく雑談しようぜ!まなっちの楽しいおしゃべり会 

YouTubeライブ情報❣️】 本日も19時からYouTubeライブ配信予定です🐹🦔 ハリネズミさん、ハムスターさんのいる原宿駅前店から! 本日は最後に大切なお知らせがありますのでお見逃しなく🙇‍♀️ こちらから👇

もーYouTubeライブ配信にコメント反映されなくなってめっちゃイライラする ʕ ◦`꒳´◦ʔなんでなん?